オープンソースグループウェア『aipo』について

2011 年 8 月 5 日 by C.N

オープンソースのグループウェア『aipo』について紹介したいと思います。

aipoは無料提供されているオープンソースのグループウェアです。
windows版とLinux版、クラウド版があり、windows版とLinux版は
ダウンロードしインストールすると、すぐに試してみることができます。

公式サイト:http://www.aipo.com/
ダウンロード: http://free.aipo.com/download/

インストール媒体にはTomcatやPostgreSQLなどの環境が含まれ、
サンプルユーザ、サンプルデータが登録されているので、すぐに使うことができます。

スケジュールやToDo、アカウント管理など、基本的な機能はしっかり実装され、
十分実運用に耐えられるのではないかと思います。

最新バージョンではアプリも追加することができ、Topページに美人時計を表示する
などもカンタンにできます。
また、回覧板などの無料のポートレット(機能)がAipo工房から提供されているので、こちらを追加することもできます。
独自のポートレットを作成し、追加するなどのカスタマイズも可能です。

ただ、このポートレットを追加する際やカスタマイズする場合には、
aipoのソースコードからのビルドが必要となってきます。

aipoはJetSpeed、Turbine、Velocity、CayenneといったApacheプロジェクトのフレームワークを基盤として設計されているため、こちらのフレームワークをある程度知っている必要があります。

以下のサイトをぜひ参考にしてください。

JetSpeed参考サイト:
http://www.visards.co.jp/java/jetspeed/jetspeed03.html

カスタマイズする際の参考URL:
⇒開発者コミュニティ※現在のバージョンのaipo6用サイト
http://code.google.com/p/aipo/wiki/GettingStandard
⇒旧開発者コミュニティ※aipo5用サイト
http://user.aipo.com/develop/building/

タグ:

TrackBack