herokuの追跡調査~無料の範囲~

2013 年 11 月 15 日 by 山平

前回、herokuコマンドをネットで調べている途中、気になる情報を発見しました。

基本無料だと思っていると後で請求されてしまうことがある、ということでしょうか?
収益化できていないWebアプリを細々と運営させてもらう環境には適していない、ということでしょうか?

上記2つのサイト間でも、「750時間まで無料」と「WEBプロセスのみ無料」と意見が分かれており、確信が持てません。
仕方ないので本家の英語ドキュメントを調べてみます。

  • 750 free dyno-hours per app # Usage & Billing | Heroku Dev Center

    Heroku automatically credits each app with 750 free dyno-hours per month, which are clearly identified on your invoice.
    This allotment can be used for any type of dyno. (i.e. web, worker, console).
    【拙訳】
    Herokuはアプリケーションごとに1ヶ月あたり750dyno時間を無料としてあなたへの請求と区別されます。
    この無料のdyno時間はあらゆる種類のdyno時間として割り当てられます。

この文章から考えると、1dynoのみ割り当てた1アプリごとに以下の時間の合計が750時間を上回ると請求されるようです。

  • Webアプリケーションの稼働時間
  • バックエンドのワーカー動作時間
  • コンソールでの操作時間

31日 × 24時間 = 744時間

バックエンドでの処理を行なわない(かつ安定稼働中の)不人気サイトなら無料でいける、と考えてよさそうです。

タグ: ,

TrackBack