Dell Inspiron mini12でUbuntu11.04とGMA500ドライバに苦戦した記録

2011 年 7 月 4 日 by 山平

Dell Inspiron mini12にUbuntu11.04 Nattyを入れました。
GMA500ドライバについては(確か)10.04 Lucidのときに苦戦済みなので今回は大丈夫。

…と思ったら前回以上に苦労したので記録しておきます。

GMA500といえば定番のサイトが↓これ
HardwareSupportComponentsVideoCardsPoulsbo
前回は最終的にここに行き着いて無事解決したので、今回もこのサイトの指示通りにフンフンフ~ンと実行。

Instructions for Natty only. Open a terminal and type:

sudo add-apt-repository ppa:gma500/emgd
sudo apt-get update
sudo apt-get install xorg-emgd emgd-dkms emgd-xorg-conf
sudo emgd-xorg-conf

reboot for the changes to take effect.

と思いきや、最後の1行のところでエラーが発生してしまいました。

$ sudo emgd-xorg-conf
Traceback (most recent call last):
File “/bin/emgd-xorg-conf”, line 209, in
mkSubScreen(current_device[1]),
File “/bin/emgd-xorg-conf”, line 185, in mkSubScreen
EndSubSection\n””” % (subsec[1], subsec[0])
IndexError: list index out of range

同じところで悩んでいる人はいるみたいですが、さてどうしたものか。
Possible bug found..?..

行番号がでているので、「/bin/emgd-xorg-conf」の中身をみてみるとphytonのようです。
残念ながら私はphytonは触ったことがありません。
とはいえ他に術もないのでエラー行付近を読んでみます。
するとどうやら配列の要素が1つしかないのに2つ目の要素を参照しようとしてインデックスエラーがでているようです。
が、どう直すのが正解なのかはよく分かりません。
とりあえず動かすために以下のように無理やり修正してみます。

$ diff emgd-xorg-conf.org emgd-xorg-conf
192c192
< EndSubSection\n””” % (subsec[1], subsec[0])

> EndSubSection\n””” % (subsec[0], subsec[0])
$

これで実行してみると、ひとまずエラーなしで終了して「/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-emgd.conf」が作成されました。
逸る気持ちを抑えきれずに再起動するも失敗。
起動中に引っかかって止まってしまっているような状態になります。

仕方がないので「/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-emgd.conf」の中身を確認します。
無理やり作成しただけに、どうみても変な行があったのでこれを修正します。

$ diff 10-emgd.conf.ng 10-emgd.conf
31,32c31,32
< Depth [‘1280\xc3\x97800′, ’24’]
< Modes “[‘1280\xc3\x97800′, ’24’]”

> Depth 24
> Modes “1280×800”
$

今度は無事に起動しました。
11.04からデスクトップがUnityというものに変わっているのですが、この動きが不安定極まりない。
UnityのせいなのかGMA500ドライバのせいなのか分かりませんが、ずれたり滲んだり乱れたりして実用レベルに達していないと感じます。
UnityからGNOMEに戻すには、ログインセッションを「Ubuntu」から「クラッシック(エフェクトなし)」に変更するか、「
コントロール・センター」→「ログイン画面」でデフォルトのセッションが変更できます。

ctrl-center_login

今回は行き当たりばったりな対処でしたが、何とか解決できました。
以上です。

タグ: , ,

TrackBack