iLife ’09登場

2009 年 1 月 30 日 by furuchan

AppleのMac用ソフト「iLife」の最新版「iLife ’09」(アイライフ オーナイン)が
1月28日に発売されました。
iLifeは、私にとって、Macで頻繁に使うソフト(Safari、Mail、iTunesの次に
よく使っているソフト)であり、非常に気に入っているソフトです。

そんな私の元に、Appleから「iLife ’09」が届きました。
というわけで、早速、iLifeを使ってみました。

 
まずはどんなことが出来るのかということと、新機能を紹介します。

iLife ’09は、写真や動画を扱うMac専用ソフトです。価格は8,800円。
アップグレード版とかはありません・・・

対応OSはMac OS X 10.5.6以降です。
 

iLife ’09は、写真管理ソフト「iPhoto ’09」、動画作成ソフト「iMovie ’09」、
音楽作成&学習ソフト「GarageBand ’09」、
Webサイト作成ソフト「iWeb ’09」、DVD作成ソフト「iDVD ’09」の
5つのソフトで構成されています。

Mac本体を買うと、その時点の最新版のiLifeが付属しています。
 

iPhotoは写真を管理できるソフトです。ついでに、動画も管理できます。
写真は、イベント毎にグループ化できるので、管理しやすいし、
有料ですが、写真をフォトブックやカレンダーなどにするサービスも受けられます。
写真は編集することもでき、編集した後でも、いつでも元の写真に戻せます。

iPhoto ’09では新機能として、顔認識を利用した顔での写真整理、
撮影地での写真整理が追加され、フォトブックも強化されました。
 

iMovieはドラッグ&ドロップで動画を作成・編集できるソフトです。
写真を使って、結婚式で流すおしゃれなムービーだって作れるし、
複数の動画を編集することも可能です。
動画には、BGMを追加したり、様々な効果を付けられます。

iMovie ’09では、すごい手ぶれ補正と地図を使ったアニメーションが追加、
そして編集機能が強化されました。
 

GarageBandは簡単に音楽作成できてしまうソフトです。

GarageBand ’09では、なんとレッスンを受けられるようになりました。
ピアノとギターの18の基本レッスンのほか、
サラ・バレリス、ジョン・フォガティ、ノラ・ジョーンズ、ベン・フォールズといった
有名アーティストによる「アーティストレッスン」もあります。
アーティストレッスンは当初は北米だけで受けられる予定でしたが、
日本でも受けられることになり、1レッスン480円となっています。
ちなみに、レッスンのビデオは、当初は英語で提供ということです。
まぁ、そのうち、日本語に対応してくれるでしょう。
基本レッスンは日本語で解説してくれます。(イケメン外国人が教えてくれます)
 

iWebはホームページを作成するソフト、
iDVDは、市販されている映像DVD(映画など)のように
メニュー画面があるDVDを作成するソフトですが、
特に目玉となる新機能は無いです(ちょっとした改良のみ)。
 

さて、以上で簡単な紹介は終わりとなりますが、今後は、
iPhoto、iMovieを中心にもっと詳しく解説していきます。

おたのしみに。

タグ:

TrackBack