Android開発環境とAndroid Market Web版について

2011 年 2 月 7 日 by ktake

Androidスマートフォンの種類も充実してきた今日この頃ですが、実はAndroidで動くアプリもわりと簡単に作れてしまいます。

今回はアプリを作成するための開発環境についてご説明します。

  1. Android SDK」から「android-sdk_r08-windows.zip」をダウンロード
  2. 「android-sdk_r08-windows.zip」を展開して、フォルダの中の「SDK Manager.exe」を実行
  3. 「Accept All」を選択してインストール
  4. インストール完了後、「Available Packages」でSDKのバージョンを指定してSDKをインストール
  5. Eclipse」の「Download Links」からEclipse(Windows 32-bit)をダウンロード
  6. ダウンロードした圧縮ファイルを適当な場所に展開
  7. Eclipseの日本語化プラグインをダウンロード
  8. ダウンロードしたファイルを展開してEclipseのプラグインフォルダにコピー
  9. Eclipseを起動
  10. ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール > 作業対象に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力して実行
  11. 「Developer Tools」にチェックを入れて、画面に従って次へを繰り返し
  12. 「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れて「完了」を押すと、インストールが実行される
  13. インストールが終わったらEclipseを再起動
  14. ウィンドウ > 設定 > Android > SDK ロケーション に「android-sdk_r08-windows」のパスを入力して適用
  15. ターゲット名のところにSDKの名前が出てきたらOK!


さてさて、実は2011年2月からAndroid MarketがWebブラウザからも見られるようになりました!

Android Market トップ

今までは、Androidアプリからしかマーケットにアクセスできませんでしたが、この度Webブラウザからアクセスできるようになったことにより、Android端末を持っていなくても、Android Marketを体験することができるようになりました。

PCからWebブラウザでマーケットを見て回るのは、Android端末から行うよりも高速で非常に快適です。

また、WebブラウザからGoogleアカウントでサインインすると自分でこれまでインストールしているアプリの一覧を見ることができます。

My Account

さらに、アプリを選択してWebブラウザからインストールすることもできます。もちろんインストールといってもマーケットにアクセスしているPCにではなく、Googleアカウントを設定しているAndroid端末に自動的にダウンロード→インストールされます。

実際にやってみましたが、自動インストールは結構新鮮な感じがしますよ。

Install

最後に、Web版のAndroid Marketにはソーシャルな要素も備えられており、ユーザーはMarket内のアプリをTwitterで簡単に共有できます。これでますますAndroidが広がりやすくなりますね。今後が楽しみです。

タグ:

TrackBack